読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー400mスプリンターの挑戦

400mに魅了されたアラサースプリンターのつぶやき集

トレーニングのやる気が起きない時にすべき3つのこと

f:id:p-maso8:20161030014513p:plain

社会人は辛いよ。。。

練習計画を立てたけど、中々行動に移せない。。。

辛い練習に関してはいまいち1人じゃやる気が起きずサボってしまう。。。

仕事で疲れ果てて、全く練習する気になれない。。。

飲み会続きで練習どころじゃない。。。

時間あるけど、なんとなくボーッとしてたら練習する時間がなくなった。。。etc

 

こんな経験のある社会人ランナーは多いのではないでしょうか?

今回はそんな練習へのモチベーションが上がらない人たちのために、全力で練習できるようになるコツを3つ紹介したいと思います!

 

1.とりあえず競技場(もしくはジムなど)に行く

練習計画立ててないし…

今日は疲れているし…

もう遅い時間だし…

お腹空いてるし…

今日はお酒飲みたい気分だし…

なんだか眠たいし…

 

などなど!

練習をしないための言い訳なんて考えだしたらいくらでも出てきますよね!w

そんな「どうしても練習できない理由を探してしまう」人にまずやってほしいことが、練習しなくてもいいから、とりあえず競技場(もしくはジム)に足を運ぶことです。

 

別にやる気なんかなくても良いのです。

とりあえず競技場に行けば、なんとなくジョギングくらいはするかーという気分にはなります。

うまく行けば、ちょっとドリルでもするかーという気分になり、さらにうまく行けば流しでもするかーとなり、気づけば結構走り込んでいた、なんてことも起こりえます。

とはいえ、そこまで毎回うまくいくわけでもありません。

どうしてもやる気が起きず、ジョギングしてストレッチして終わってしまう日もあると思います。

軽くドリルするだけで、なんとなく練習した気分になる日もあると思います。

でも、それで良いのです。

競技場に行くという習慣をつける、そこに大きな意味があります。

 

競技場に行く元気すらないのであれば、とりあえず外に出てジョギングするだけでも構いません。

もっとハードルを下げると、ただ道路を歩くだけでも構いません。

それだけで、少しは運動しようという気になれます。

少しでも運動すれば、なにもやらないよりはマシです。

そして、そういった少しの積み重ねが、また新たに練習のモチベーションの材料となってくれます。

 

学生時代にバンバン走り込んでいた人ほど、たくさん練習しようとして、結果、モチベーションが上がりきらなくて何もやらなくなる人が多いですが、全然学生時代のようにバンバン走り込む必要はないのです。

 

まずは家から出て競技場に足を運ぶ。

ここから始めてみると、案外簡単にこの悩みから抜け出せます。

 

2.よく寝る!

もう本当に当たり前すぎる話なのですが…

やる気が出ない最大の理由は心身の疲労です。

特に社会人は、理不尽なことがたくさん起きる中に毎日身を投じているので、精神的にも肉体的にも思った以上に疲弊していることが多いです。

なので、より質の良い環境で、より質の良い眠りをとるということは、毎日のモチベーション維持のために本当に大切なことです。

よりよい睡眠を得るための方法論に関しては、ネット上にさまざまな情報が載っていますので自分でも調べて見てください。

自分で調べるのが面倒!という人は、以下に参考になるサイトを張っておきますので、これらを読んで睡眠について研究してみてください。

 

welq.jp

 

nanapi.com

 

また、こちらの本は忙しい社会人のために、より実践的な睡眠のとり方が書かれており「睡眠について色々研究したけど、結局理想論ばっかりで実践できることが少ない!」と感じている人にオススメの書籍となっています。

 

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

 

 

3.練習している風景をSNSなどに載せてみる

これは案外実施していない人が多いコツの1つだと思います。

使用するSNSはなんでも構いません。

自分の練習している風景を動画で撮ってSNSにアップしてみてください。

するとどうでしょう、自分の練習に対して、知り合いが皆「いいね!」を押してくれます。

 

え、そんなことでモチベーション上がるの?と思う方が大半だと思います。

でもこれ、とてつもなく効果の高いモチベーションアップの方法なのです。

 

人は大なり小なり、承認欲求というものがあります。

社会人になって日々忙しい毎日を送っていると、とても優秀な人でもない限り、案外承認欲求を満たしてくれる要素が少ないことが多いのです。

この承認欲求が満たされていないという状況は結構厄介で、皆さんが思っている以上に大きなストレスになりやすく、かつ、ストレスになっているということに気づきづらいストレスです。

特に日本人は「出る杭は打たれる文化」なので、大人になればなるほど、自己主張をするのが恥だと感じる人が多くなります。

しかし、欲は欲なのです。

満たされないとストレスになります。

そこをしっかり認識した上で、うまく承認欲求を満たしてもらえるように自己管理をしてやるのが大切になってきます。

そこでSNSを利用します。

SNSに練習動画(もしくは写真)を載せて、たくさんの「いいね!」を集めるのです。

実際、自分の動画に対して「いいね!」を押した人がどれほどの気持ちで「いいね!」を押したのかはわかりません。

しかし、たった一つでも「いいね!」を押してもらえるだけで、存外承認欲求というものは満たされやすくなります。

人間って結構単純です。

たったこれだけでいろんなやる気が出てきたりするものなので、皆さんも騙されたと思って一度試してみてください。

 

ちなみに、僕のオススメのSNSはインスタグラムです。

f:id:p-maso8:20161030014844p:plain

インスタグラムで動画を上げる際に「ハッシュタグ」というものを使って、

「Traning」とか「Workout」とか、英語表記のキーワードを付けてみてください。

するとどうでしょう、なんと、知らない海外のトレーニング好きの方たちからたくさん「いいね!」をもらうことができます!

全く知らない国の、全く知らない、同じトレーニング好きな方から「いいね!」をもらえる…これは感じたことのない快感が得られ、モチベーションアップに非常に効果的ですので、皆さんも是非試してみてください!

 

 

それでもやる気がでないというあなたへ

何を試しても、やっぱりモチベーションが上がってこない。

気づけば毎日愚痴ばかり、練習できない理由ばかりを考えてしまう。

仕事のことで頭がいっぱいになり、練習する時間がもったいなく感じてしまう。

そういった方は、もう単純に今の環境が悪すぎる可能性が高いです。

そんな方は、是非以下の過去記事を読んでみてください。

きっと何かの役に立つと思います。

 

p-maso8.hatenadiary.jp